人気ブログランキング |

2009年 08月 15日 ( 1 )

人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
c0076823_1941277.jpg
今日は天気がよかったので、先週ちょっと離れたところから見ていたオペラハウスを 今回は近くで見てきました♪

シドニー・オペラハウス(Sydney Opera House)はオーストラリア・シドニーにある20世紀を代表する近代建築物であり、世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場。オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニー、シドニー交響楽団の本拠地となっているそうです。

設計者は計画決定当時無名だった建築家ヨーン・ウツソン。
彼の独創的な形状と構造設計の困難さなどにより工事は大幅に遅れ、1959年に着工したものの竣工は1973年だった。大幅な工期と予算の超過にもかかわらず、完成後はシドニーのみならずオーストラリアのシンボルとしても親しまれるようになりました。シドニー港に突き出した岬に位置し、貝殻やヨットの帆を思わせるシドニーのオペラハウスの外観は、シドニー・ハーバーブリッジとともにシドニーを訪れる観光客の定番の撮影スポットとなっています(^ ^)
c0076823_1944882.jpg
近くに行ってみて 初めて知ったのですが、この建物 1つの大きな建物かと思いきや、幾つにも分かれてるんですねー!!
(ホールはオーケストラの演奏会などが行われるコンサートホール、オペラが行われるオペラ劇場、ミュージカルや演劇などが行われるドラマシアター、プレイハウス、ピアノ演奏会など小規模な演奏会が行われるスタジオシアターと5つに分かれてます)
てっきり、1つの大きな重なった貝かと思ってたので ビックリしました(笑)

また、このオペラハウスの外壁(タイル)ですが、汚れが自然に洗い流されるように設計されているそうです。掃除いらずで いい考えですよね~。
と思いきや、調べてみると完成から現在まで継続的に清掃や張替が行われているそうです。。タイルは白色と淡い桃色の釉薬をかけたスウェーデン製のタイルなんですって(^ ^)☆
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪