<   2009年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_16313623.jpg
ガソリンスタンドの外に分別ゴミ箱を見つけました。

日本でもコンビにには分別ゴミ箱はありますが、ガソリンスタンドにまではなかったような。。
…設置しているところもあるのかなぁ。
(また 調べてみよっと。。)

このゴミ箱、随分と前から設置されているようで ところどころ錆びています。
何年も何年も前からゴミ分別が習慣化されていて…さすが 環境先進国と言われるだけの事はありますね。

改めて 見習わなきゃ!! と 感じた瞬間でした。
[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_1635847.jpg
c0076823_16423100.jpg前(2004年ドイツ旅行分)に一度ご紹介させて頂いたのですが、写真付きで説明できていなかったので 今回は写真付きでご紹介しようと思います (。-人-。)

日本と違い ガソリンスタンドとコンビニが2つ1組となっているのが特徴的なドイツのガソリンスタンド、結構しっかりしたコンビニがついているんですね~。
c0076823_16143792.jpgドリンクも種類豊富だし、お菓子・雑誌・ぬいぐるみ・日用生活品等々。
そして ちょっとビックリしたのが、ガソリンスタンドならではの 商品なんですが、カー用品(車用洗剤・ワックス・タイヤetc...)まであったんですよ ε=(。・д・。)
あと、ゲームセンターに設置してあるような大型のスロットもありました。…コンビにでゲームする程に時間を潰す人がいるのかなぁ。。ちょっと不思議 ((o(-゛-;)

ガソリンスタンドによっては ガソリンスタンド+コンビニ+cafe shop があったり、コンビに内にオシャレなサンドウィッチshopがあったりしますよ♬
写真を撮るって言ったら 店員さんが ポース をとってくれました(笑)
c0076823_1615111.jpg

[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2

~ 世界の郵政シリーズ ~
c0076823_142804.jpg
ハイデルベルクで見つけた 郵便ポスト♪
   → ローテンブルク の 郵便ポスト は こちらから
[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_1481948.jpg
ハイデルベルクのアルトシュタットで最も古い教会、聖ペータース教会。
聖ペータース教会は、ハイデルベルクの創設時代にすでに築かれたと推測されているおり、創建は900年頃と見積もられている。(中世後期には大学の礼拝堂となった)
また、この教会は約150人の教授や選帝侯の廷臣らの墓所でもあり、大学創立当時の総長であるマルシリウス・フォン・インゲーンもここに葬られている。
1883年、マルティン・ルターの400回目の誕生日に教会の東側に樫の木が植えられた。

茶色(オレンジ色)の街中にそびえる エメラルドグリーンの三角屋根が印象的ですね ≧(´▽`)≦
[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_1346193.jpg
マルクト広場を東に行ったところにあるのが、 学生酒場の "Zeppl" と "Roter Ocksen"。
その名の通り 学生達が集まり、ビールやワインを飲んで騒いだ、2つ学生酒場 "Zeppl"と"Roter Ocksen"は並んで建っています。
手前のゼッペルは店内に学生達が町中で失敬してきた、ユーモラスな道路標識や医者の看板などが飾られており、隣のローターオクセンとは赤い牛という意味で、表には角の生えたかわいい赤牛の看板がぶら下がっている。
また 夜、この辺りから見上げると ライトアップされたハイデルベルク城 が、美しく見えるそうです♬
[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_14194193.jpg
c0076823_1420173.jpgハイデルベルク市は12世紀に創設されたのですが、その歴史は、ケルト時代やローマ時代にまで遡るんですね~。

戦争被害を受けなかったハイデルベルクは、多くの爆撃難民や放逐されたドイツ人を受け容れました。ハイデルベルクはアメリカ占領地域に含まれることとなり、米軍やNATO軍の高位の司令所がおかれました。
c0076823_14211838.jpgこれに伴ってアメリカ軍が接収した不動産を巡って、当初は多くの不満が噴出。現在も、この都市には、NATOの中欧連合部隊本部、アメリカの基地放送であるAFN放送局(現在はマンハイムから放送されている)を含むアメリカ陸軍第7軍本部が置かれており、数千人の軍関係者やその家族がこの街に住んでいます。

在欧米軍によるアメリカ陸軍第5軍団のヴィースバーデンへの移転が決定し、2012年から2013年に移転を完了すると発表されました。これは、約16,000人のアメリカ人人口がヴィースバーデンに流出することを意味しているんですねー。。c0076823_1447444.jpg


↑歴史的街にも SUBWAY がありました(笑)

こちらは(→) マルクト広場
旧市街の中心にあたる広場です。毎週水曜と土曜の午前中には市が立ち、カラフルなパラソルを広げた露天では、野菜や果物・チーズ・花などが売られます。広場の中央にある噴水はヘラクレスの噴水と呼ばれ、18世紀中頃まではこの場所に回転式の檻が置かれていたそうで、中には軽犯罪を犯した罪人が見せしめのために入れられていたそうです。(多くの町では 悪人を見せしめの為に人々が集まる町中心に檻を設置していたと言われています)

ハイデルベルク城と旧市街をユネスコ世界遺産に登録する申請が行われましたが、2005年と2007年の2回拒否されたようです(笑)。
-ハイデルベルク市は、今後も世界遺産登録に向けて努力するとしているそうです ((o(-゛-;)

1992年5月、ハイデルベルクと熊本市は姉妹提携を結びました。なので…熊本市を走る市電には姉妹都市・友好都市の名前を付けた車両があり、9201号車は「ハイデルベルク号」と名づけられています♬
c0076823_14485176.jpg

[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_1591266.jpg
c0076823_1593264.jpg1592年にフランドルから移り住んだ、呉服商シャルル・ベリエによって建てられた この建物は、ルネッサンス様式の商館で、17世紀末の2度の戦禍を逃れた唯一の建物。
 =ハイデルベルクに現存する最も古い建物 ホテル「ツム・リッター」(騎士亭)。
リッターとはドイツ語で騎士のこと。

ファサード(正面外壁)は、段々になった破風をもつ、フランドル風の凝った造りで、様々な彫刻で飾られて、中でもこの館の名前の由来となった、最上部を飾る、聖ゲオルクの甲冑姿の像が目を引く。
18世紀頃から騎士の館と呼ばれるようになりました。
現在1階はレストラン、2階から上は40室ほどの部屋数を持つホテルとして使われています。
c0076823_1594371.jpg

[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_3131094.jpg
橋の袂に サルの像 があります。

これには、いくつかのエピソードがあるそうですが、そのなかの一つを紹介しましょう。

その昔 若い恋人たちが結婚前に愛し合って、女性が妊娠。。当時は大変なスキャンダラスな事だったので、時の選帝侯は ふたりを町から追い出してしまいました。怒った彼らは、腹いせに選帝侯に似せたサルの絵を描いて、下記の文句を書きつけたそうです。
「何故私達のことを、珍しそうに見るのでしょうか? ハイデルベルクのあちこちに 私達と同じような人がたくさんいるのに!!」 と。
サルはエッチなことの象徴だと言われており、そのサルの指は、私達の方に向けられ 手には鏡を持っています。
偽善者ぶって人を裁くことができるのか?みんな似たりよったりじゃないか! と いう皮肉をこめた批判とも受け取れる像になっています。c0076823_3133432.jpg
あと、サルのそばにいるネズミは何??

サルだからバナナでも置いたらいいんじゃないかと考えられたそうですが、バナナとハイデルベルクは関係がない。。((o(-゛-;) ん~。
そこで、昔この近くに穀物倉があったことから、納屋にねずみがいたという連想を強引に引っ張り出し、ここにねずみが置かれるようになったそうです。 でも…バナナじゃなくなった時点で置かなくてもよかったのでは…?

… サル+ネズミ で 1set かと思ってました (。-人-。)
  ちょっと ムリ があるよねぇ~ (笑)
c0076823_3135593.jpg

[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2
c0076823_240928.jpg
c0076823_2402720.jpgこの橋から眺める ハイデルベルク城がキレイです ( ´艸`)♥

アルテ・ブリュッケ(「古い橋」)とも呼ばれる この橋の正式名称は「カール=テオドール橋」。その名の通りドイツで最も古い橋の一つでなんですよ。(1248年に初めて記録されている)

この橋は、何度も木製の橋が架け替えられてきました。それは春先に割れて流れ出した氷で不定期に、しかし確実に損傷してきたため。石造りの橋は、第二次世界大戦の末期に進軍してくる連合国軍を阻止するために国防軍によって爆破されてしまい、現在の橋は1947年に完全に復元されたものなんだそうです。

← 橋にあるこの門塔は、中世のころ町の城壁の一部だったそうです。夜は、落とし格子の柵がおり防御施設としての役割を果たしてました。そして左右の塔は、牢屋として使われていたこともあったといいます。
窓から、町の風景が眺められるこの明るい牢屋に入れられるのは、大したおしおきにならなかったようで、負債者など罪の軽い人たちが入れられていたそうですが ((o(-゛-;)
c0076823_243517.jpg
カール・テオドール像。
台座には ドイツを流れる代表的な川(ライン川/ネッカー川/ドナウ川/モーゼル川)の神を表す彫刻像。

ハイデルベルク城から見る カール=テオドール橋
c0076823_3384246.jpg

[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪
2009/02/07~2009/02/13 ドイツ ロマンチック街道・スイス アルプス・パリ 7日間  day2c0076823_0161482.jpg

さて、ハイデルベルク城を出て 旧市街 カール=テオドール橋へ移動するのですが、途中でおもしろい看板標識を見つけました。

まず、『飲食禁止』なんですが、
←やたらリアルなアイスクリームでした(笑)c0076823_0164719.jpg


そして、『歩行者専用』標識。

日本では 男性が子供と共に描かれている(→)のですが、こちらは女性になっています。

調べてみると、面白い事がわかりましたよ♬
= ドイツで、男性+子供ではなく女性+子供というデザインになっている理由 =
これは、1970年ごろ、旧西ドイツのグスタフ・ハイネマン大統領が「歩行者専用道路標識は誘拐犯を連想させる」と西ドイツ国内で当時使用されていたデザインに関して問題視する発言したことを受けて、デザインが変更されたため。。だそうです(^ ^)

そうですよね。。大統領同様 多くの人が あの歩行者専用道路の絵を不気味に感じていると思います。
男性には申し訳ないけど、母+子というイメージで やっぱ女性のが落ち着きます。。
c0076823_0171248.jpg
** オーストラリアの 通学路Verこちら
[PR]
人気blogランキングへ ← 人気blogランキングへに参加中です。応援お願いします♪